どんな場所にも

どんな場所にも

設置環境に合わせた工事により、給水ポイントへのアクセスが難しいオフィスにも対応可能です。

基本設置工事概要

オフィス内で専用給水施設がある場合、止水弁より5m以内であれば設置工事費は無料です。

※本体は、なるべく壁やコンロから離し、湿気のこもらない環境に設置してください。
  1. STEP1

    止水栓の取付

    上水道のCube Style用取水個所に、専用止水栓(止水用の専用バルブ)を取り付けてください。その先に、ジョンゲスト社製1/4 インチ接続用継ぎ手を取り付けます。

  2. STEP2

    減圧弁の取付

    水の逆流、異常圧力を防止するため、減圧弁を取り付けます。
    ※減圧弁は3年に1回程度の交換をおすすめします。

  3. STEP3

    本体の設置

    本体の設置スペースが必要です。
    ※奥行きに関しては、本体サイズより30mm前後が必要です。

  4. 専用止水栓の条件

    例)PJ1/2 G1/2

    ※吐出側のサイズとねじ形状
     サイズ : 1/2 13A  ネジ : 平行ねじ
    ※流入側については状況によって判断
    ※止水栓形状は、立て方・アングル形を問わない

    ※設置した止水栓が露出する場合は、外観に注意

  5. STEP4

    導入チューブ

    止水栓より5m以内であればお好きな場所に設置可能です。
    ※5mを超える場合は別途料金が掛かります。

  6. STEP5

    コンセント

    本体近辺に、100Vアース付きが必要です。

給水配管工事

日本のオフィスの問題点、給水アクセスがオフィス内にない!
このため、他社サーバーでは給水タンク(時には排水タンクとともに)で対応していますが、水を近くの給水ポイントから台車などに載せて定期的に運ばなくてはなりません。これでは給水の管理担当者も、飲みたい時にタンクの水が切れて飲めない利用者もストレスが溜まります。そもそも忙しい時間、仕事を中断して給水に行くのは生産的ではありません。

ウォーターロジックの日本総代理店
アルコニックスであれば・・・

建築工事の認定を受けており、給水ポイントからオフィスまでの配管工事を請け負う(有料)ことができるので、お客様のご希望の場所に設置可能です。これで完全に給水の手間を省くことができます。
この対応ができる浄水サーバー会社はアルコニックスだけです。

給水配管工事の流れ

設置前に、現場調査をさせて頂きます。その後お見積書を作成・お客様のご確認後に給水配管工事を開始させて頂きます。
お見積書の作成は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせ ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 カタログダウンロード CubeのカタログをPDFでご覧いただけます。